ピル効果

ピル効果/低用量ピルやアフターピルの服用方法を詳しく解説

ピル効果

 

「ピルはどんなもの」

 

皆さん!!ピルを知っていますか?
以外にピルのことを知らない方は多いのではないでしょうか?

 

ピルはいろいろな効果があります。
まずピルのことをよく知ろう!!

 

ピルを誤解しないでください。ピルは怖いものではありません!!
これからの人生を楽しく計画的に暮らすにはピルは絶対に必要です。

 

 

「メリット」

 

避妊ができること
すなわちピル妊娠で効果的です。

 

例えば今、妊娠したくない人も数年経ってから妊娠を望むことがあります。
妊娠したい人はピルを飲むことによって快適に楽しく過ごすことができます。

 

@月経周期が規則正しくなる

 

A出血量が減少し、生理通や月経前症候群から温和になる。

 

B子宮外妊娠などの発症頻度が低下する。

 

C長期間の服用によって子宮体がん、子宮内膜症、卵巣がんなど発症頻度がリスクも避けられる。

 

D吹き出物やニキビなどが改善されます。

 

このようにピルには避妊以外にもいろいろなメリットがあります。女性のからだにより良い効果があることがわかりました。

 

毎日を快適に暮らすことは女性の人たちも安心していられます。
なのですぐにでもピルの服用をおすすめします。

 

「デメリット」

 

デメリットとしてはピル副作用を心配なされる方は多いかと思いますが、たばこを喫煙される方は禁煙される方よりもピルの服用は避けた方がよいでしょう。

 

その他副作用として気になることは太るということです。これは心配ありません!!
ピルを飲んだとしても太る確率はまずないでしょう。

 

あなたもこれからはピルについてよく知り、自分に必要な時は我慢をしないで効果的に服用したらいいと思います。

 

ピル値段

 

●ピルの値段・費用

 

その昔はピルは高値の花というイメージしかとらわれていませんでした。
どうしてそういうイメージで物事を考えてしまうのでしょうか?

 

それは時代が変わったせいなのか?
自分自身の健康に気をつけたい人が多くなったのか?

 

または、裕福な人が多くなってきたのではないかと考えられます。
今では避妊治療として10代〜30代の人が多く使用されています。

 

ピル値段自体が高価なイメージを捨てなければきっとそのイメージも変わらないのではないでしょか?

 

ピルの処方は保険が効かないため自費診療になります。
初回は検査費用としてだいたい1万円前後かかり、ピル自体のシートが1か月分2000円〜3000円程度かかります。

 

病院によっては異なりますのでよく調べて問い合わせてみるのもいいでしょう!!
ピルは高価といっても今では「高価な金額ではない」という人が多くなってきたのではないかと思われますね。

 

人の価値観というのはそこからもでてくるようです。
月々約3000円が安いか高いかは個人の考えにも反映します。高い安いはその人の価値観なのでそこをふまえて購入してください。

 

最近は10代〜20代半ばの人工中絶が増えてきている傾向がありますが、精神的にも肉体的にも心を傷つけてしまう妊娠・中絶のリスクを防ぐためにもピルはとても重要です。

 

 

●ピルを処方してもらうには

 

まず気になるのはピルをどこで手に入れたらいいかということです。
日本でピルを手に入れるためには、医師の処方せんが必要です。

 

産婦人科や(婦人科)または一部の内科に受診して、医師に処方せんを発行してもらいましょう。

 

産婦人科に初めて行く方は緊張したり、恥ずかしかったりもしますが月経を迎えているならば受診を試みてみましょう。

 

子宮内膜症など万一女性の病気がなった場合も早期治療ができるのでこの機会にいくことをおすすめします。

 

今後自分が産婦人科にいく場合も将来子供を作るときも含めてかかりつけの医師を見つけるととても楽ですよ!!

 

ともあれ精神面や女性ならばの心配事などもサポートをしていただけるのでとっても安心して受けることができます。

 

ピル種類

 

「ピルの種類」

 

ピルの種類と服用方法とは

 

ピルは女性にとっては大切です。
うまく使用して快適に過ごすことをおすすめします。
女性の周期は28周期が基本ですがピルは女性の周期に合わせて服用します。
「21日間飲んで7日休むというようにという方法です」
黄体ホルモンと卵胞ホルモンが一定で変わらないというのが一相性ピルである。
一相性ピルは飲み間違いが少なくすむという特徴がありほとんど方が一相性ピルを飲む人が多いようです。

 

段階性ピルは途中何段階に分けて配合量が異なるものです。
段階性ピルのよいところは総ホルモンの量が少なくすむということで、不正性器出血の発症率が少ないということです。少々めんどうなのが配合量が異なるので決められた順番通りに飲むことです。

 

●ピルの種類は2種類あります。
@一相性ピル・・・・・21日飲んで7日休む(飲み間違いが少なくすむ)

 

A段階型ピル・・・・・それぞれの段階型ピル
☆三相性ピル(中間層量型)

 

●ピルの飲み方
ピルは21錠入りと28錠入りの2種類あります。

 

★21錠のピルは一つのシートに21錠入っていて続かて21日間飲みます。28錠入りのピルは飲み忘れ防止のため初心者の人におすすめです。
一シートを飲み終わったら7日休み、また次の新しいシートを飲み始めます。

 

7日間の休薬期間に月経に似た消退出血が起こります。
またこの期間に卵胞が発育するので次のシートを飲み忘れると大変なことになります。なので飲み忘れに気をつけましょう!!

 

★28錠入りピルはのシート最後の7錠は薬の成分が入ってないので実際は休養しているのと同じになるため初心者の人は28錠入りのピルがよいと思います。
毎日飲み続けることで服用が習慣づけられます。
この28錠シートはその飲み忘れ防止のために考えたもののようです。とても便利ですよね。飲み忘れが気になる人、初心者の人はこちらの28錠シートをおすすめします。

 

ピル副作用

 

ピル副作用あなたに合う人、合わない人

 

ピル副作用あなたに合う、合わないかは服用してみないとわかりません!!
ピルを飲むとどうして避妊ができるのでしょうか?

 

それは黄体ホルモンと(プロゲストロン)と卵胞ホルモン(エストゲン)という2種類の女性ホルモンが含まれていますがこの女性ホルモンによって体内のホルモン量をうまく調整して排卵をおこさないようにし、受精卵を着床しにくくする働きが避妊の仕組みになってます。

 

ピルで一番怖いのは副作用ですよね。
まず低用量ピルが認可すまでは日本では中用量ピルが使われていましたが中用量ピルは副作用が強く出ることがあったため今では低用量ピルが多く使われています。
ただし低用量ピルはまったく副作用があるわけではありません!!

 

副作用には二つに分かれますが
その一つはホルモンの状態が新しいことに慣れないことです。ピルも初めて飲む人はその薬に慣れないので環境維持ができないということです。

 

だから副作用が起こる訳なのであります。
でも最初は吐き気がでて副作用もでてきますが次第に治まってきます。

 

 

もう一つはピルの安全性は風邪薬以上とも言われていますがある疾病によるピルの服用は一部の癌や婦人病疾患の発生率が低下すると言われます。
なのでピル予防にもなるとささやかに騒がれいます。
これはピルの服用効果とも言えるでしょう!!

 
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ